食事で改善糖尿病【検査を受けてしっかり健康管理をしよう】

医者

尿酸値を低くする方法

悩み

痛風になった場合は食事の内容を工夫して、症状を改善させる事が大切で、プリン体の少ない食材を利用して料理を作る事が大事です。アルコールも飲みすぎると痛風の症状を悪化させるため、控えるようにしましょう。水をしっかりと摂ることで、尿酸が効率良く排出されます。

Read More...

足の指に激痛が

女性

痛風は尿酸値が下がれば痛みも軽減され、症状は治まって行きます。痛風が「贅沢病」とも言われるのは、毎日の食事の内容が大きな要因となっているからです。毎日の食事内容を改善するだけでも、痛風は治療も予防もできる病気なのです。

Read More...

身近な病気と食生活

悩み

5人に1人は患者または予備群とも言われているほど身近な病気である糖尿病は、1度発症すると完治することがない病気です。しかし、血糖値を正常範囲に保つことでコントロールすることが出来ます。血糖値を正常範囲に保つために用いられる食事療法では、1日3食適正なエネルギー量の食事を摂ることが大切です。

Read More...

改善は生活習慣の見直しで

患者数が増えた糖尿病の食事は、栄養バランスが重要です。取り入れるべき栄養素を、こちらでタップリと紹介していますよ。

体力を維持する糖質

女性

糖尿病は、体内で作られる、ホルモンのインスリンの低下による、高血糖の状態をいいます。体内でインスリンを作ることのできない1型と、インスリン分泌の低下による2型に分類されています。殆どの場合2型の糖尿病です。大きな原因として、ストレスや肥満など、生活習慣の悪化があげられます。一般的に、糖尿病は自覚症状に乏しく、気づいた時には深刻な病状に、進行していることが多くみられます。自発的に定期的な検査を受け、健康管理をすることが大切です。血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度をいい、この値が高く一定の基準値を超えている場合を糖尿病といいます。血糖値と関わりの深い炭水化物は、生命を維持するエネルギー源として重要な役割を果たしています。

食品との相性を考えて

食事の後は、血糖値が上昇します。その上昇率を数値で表したものを「GI値」と呼んでいます。食品の種類により、血糖上昇率はそれぞれ異なり、「GI値」が低いほどインスリン分泌が緩やかで、血糖値の上昇も抑えられます。ホルモンのひとつであるインスリンは、血糖を下げる大切な働きをしています。糖質は、体温を維持する大切な栄養素です。しかし、過剰に摂取すれば肥満を招いてしまいます。糖質は常に体内を循環して、エネルギーを供給し、私たちの体を守っています。食事から摂取される糖質は、殆どがでんぷんです。そのほかに、果糖、乳糖などがあげられ、果糖は食事の後の血糖値の上昇が、比較的に穏やかなのが特徴です。乳糖は腸内の善玉菌を増やしてくれます。1日3食、規則正しい食事をとることを、心がけましょう。